後遺症慰謝料とは

後遺症が一定期間続くと後遺障害申請を行います。
これは、後遺症が後遺障害であることを認めてもらうために行うのです。
ここで気をつけなければならないのが、後遺症と後遺障害は異なるという点です。
それでは、どういった点に違いがあるのでしょうか。

後遺症は、治療を続けても回復せず回復が見込めない状態のことを言います。
後遺症は自己申告や、医師の診断で認められます。
それに対して、後遺障害はこれ以上治療を続けても症状が良くも悪くもならない固定状態にあり、労働能力の喪失を伴う症状である、という違いがあります。
簡単に言うと後遺症がもう今の状態のまま変化しない固定状態であると認められると後遺障害となるということです。
この後遺障害に該当するかどうかは、後遺症と同じように主治医が決めるのではありません。
自賠責事務所から後遺障害等級の認定をされる必要があります。
申請後、後遺障害等級が認定されると、通常の入通院慰謝料とは別途後遺障害慰謝料というものを受け取ることができるようになるのです。

ここでは、後遺症慰謝料を受け取るまでの流れ、そして後遺症慰謝料を受け取るために必要な後遺障害等級について紹介していきます。
継続したリハビリや治療を受けるためにはお金が必要です。
また、後遺症によっては仕事ができず慰謝料で生活する必要があります。
そのため、受け取れる金額がどのくらいになるかはとても重要なことです。
煩雑な手続きもたくさんありますが、きちんと勉強しておきましょう。



[PICK UP]
交通事故による後遺症を後遺障害として認定するためのサポートを行っているサイトです ⇒ ⇒ 交通事故 後遺障害